« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006.12.30

感謝

Dscn1491 今年4月のオープン以来、多くのお客様にご来店頂きました。今年の営業もあとわずか、注文票などを整理しながらこれまでの記憶も整理しています。様々な生活での一場面に花が贈られたり、飾られたりすることを実感すると同時にその人の気持ちを花で代弁する大切な役割を花屋は担っていると改めて思います。

トレモロの花を選んで頂いたお客様への感謝の気持ちとともに、2007年もさらに多くのお客様に花をお届けできることを願っております。

Je vous souhaite à tous une très bonne année 2007 !  30.12.2006  fleurs tremolo

新年は1月6日(土)から、春を誘う花や緑を集めてオープンいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.28

年末セールのお知らせ

Dscn1521 12月29日(金)、30日(土)の2日間、今年の感謝を込めてセールをします。鉢物をメインにプランターなどを20%~50%OFFで販売します。

*年末年始の営業時間のお知らせ:年末は12月30日(土)19:00まで年始は1月6日(土)10:30から営業します。

今年最後の生け込みはいつもお世話になっている住宅メーカーさんのモデルハウスめぐり。今日と明日で「呉ポートピア」・「アスタ」・「こころ」・ 「さくらす」にお正月の花を飾りに行ってきます。

Dscn1525

お隣のgreen coffeeさんへのお正月飾り。

fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.26

北国から来客

仙台にお引越しされたお客様が冬休みで広島に来られた。以前ブログに書いたことのあるお母さんと女の子で、お店にも遊びに来ていただいた。(お父さんは仕事のため来広ならず。)ちひろちゃんは今回も友達に渡すミニブーケを自分で作って嬉しそうでした。お母さんは最近の広島の暖かさに驚かれていた。仙台は氷点下は当たり前だそうで、たしかにこちらは雪も降らないし冬らしくない。とか言ってると大雪に見舞われたりすることも・・・。

*今年は12月30日(土)まで、新年は1月6日(土)から営業します。 Dscn1513

明日は今年最後のレッスン、そしてあと4日がんばります。

*29日(金)、30日(土)で今年の最終セールを予定。詳しくはまた後日。fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.25

椿の扇子

三越広島店の「三越NEWS」新春号の表紙を飾らせていただいた。Dscn1501 スタイリストさんと打ち合わせを重ねながら仕上げた作品。昨年のもご好評をいただいたが、個人的には今回の方が独立して初めてということで思い入れが深い。青竹を立てて、スチールグラスで組んだ扇子に白玉椿、南天の実をさしていく細かい仕事。奥行き、立体感を出すために、ぼやけてはいるが後ろの方も同様にして作っている。金塗りのシッサスを巻いて仕上がり。

店内もお正月に様変わり。ディスプレイテーブルの足元に山苔の絨毯をつくって多肉植物を一株植え込む。そしてショウウィンドウDscn1509 に青竹を並べてみる。Dscn1510 ディスプレイは日々更新中。

fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.23

洋から和へ

クリスマス・イヴまであと一日。クリスマスリースやアレンジメントなどいろいろ作り続けて一ヶ月が経ち、来週からはいきなりお正月の花。いろんな国の伝統行事を年間通して行う日本人のカレンダーは、花屋的にも頭の切り替えが難しい。西洋と日本の伝統や風習どちらにもある程度の知識が要求される仕事だと思う。先日NHK・BSで放送されていた「クリスマスツリー物語」はツリーの発祥の話やデコレーションの話などとても勉強になった。

クリスマスのテーブルアレンジメント。Dscn1474 Dscn1479

トレモロの正月飾りの試作品。Dscn1497_1 梅の苔木をベースに多肉植物、南天の実、大王松、金粉を塗ったシッサス・オバータ(熱帯産植物の蔓状の根)を使用。

fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.20

「間」と「引き算」

隔週で始めたレッスン。毎回テーマを決めてDMでお知らせするのだが、大抵は何かのイベント事の先取りで内容を考える。そういうわけでまだクリスマス前だけどお正月のアレンジメントの写真サンプルを作る。Dscn1443 円水盤を使って「間」を活かしたアレンジメント。話は変わって、生け花のスタイルから学べるのは、空間演出と引き算の美学。普段は圧倒的にヨーロピアンな作風が多いので、お正月くらいは日本人として、自分のオリジナリティーは忘れずに、余計なものを削ぎ落としたシンプルなデザインを楽しもうと思う。

fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.16

ギター

そろそろ閉店時間になるので花瓶の花の水替え(日曜日は店休日なので)をしていたとき、隅のほうに置いているアコースティックギターに目が移る。学生時代から弾き始めて数あるエレキ、アコギの中で一番愛着のあるこのギター、ここ数年まともに触れてなかったので店に流れるトム・ウエイツの「TIME」とともに弾いてみる。指でコードは覚えているがどうもぎこちない。何事も継続しないと衰えてしまう。Dscn1422

赤バラメインご希望のお持ち帰りブーケ。Dscn1414

fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.14

ディナーショー

お隣の美容室さんのお客さんからカワイイブーケのご注文。松田聖子のディナーショーに行かれるらしい。ディナーショーなど遠い存在で、だいいち着ていく服とか無いし、ちょっと調べてみたが、S席45000円、さすが聖子ちゃん。80年代アイドルのイメージはピンク色、プリティーな花ばかり選んで束ねる。Dscn1413 普段なら甘すぎてあまり使わない組み合わせだが今回はこれくらいしないと失礼じゃないかと勝手に思う。ヘアメイクを終えドレスアップされたおそらく同世代のマダムにお渡しする。喜ばれて会場に向かわれた。

お持ち帰りの開店祝いアレンジメント。Dscn1396 fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.13

フレッシュ・クリスマスリース

クリスマスレッスンの最終回。オアシスリングを使って生花でリースを製作。生徒さんにはオアシスを使ったアレンジメントは何回か作ってもらったが、リングにさすのは勝手が違うのでちょっと苦戦ぎみ。だけど結果それぞれきれいに仕上がった。Dscn1393

あえて見本どおりに作らないようにしてもらうので同じ花材を使っても花のさし方はみんなちがう。レッスンをしていてそこが面白いし、自分も勉強になる。

次回はいよいよ今年最後のレッスン、お正月のアレンジメント。

お持ち帰りのアレンジメント。スペイン直輸入の照明器具店の開店祝い。Dscn1389 ガラスボールのチューブでキラキラ感を。

fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.11

市場はお正月

まだクリスマス前だというのに市場では松や千両などの正月用切花が出荷ピークを迎えている。以前いた花屋でもこの時期はすでに店の奥や倉庫に松があふれていた。お店をオープンして初めてのお正月に向けどんな見せ方、売り方をするか考えはじめる。

*ちょっとお知らせ* 12/20発売の季刊「きゃべつ畑。ウエディング・春号」よりブーケ記事、店舗紹介を掲載してもらいます。

お持ち帰りのアレンジメント。クリスマスローズをアクセントにいれて。Dscn1385

fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.09

オリーブの木

開店当時からあるオリーブの木がお買い上げに。半年あまりの間にずいぶん成長し、お店のシンボルツリー的存在だったので売れてもなぜか素直に喜べないが商品である以上しようがない。街を通っていると開店祝いなどで大量の鉢植えをもらって管理できずに結局隅のほうでみすぼらしく枯らしている光景をよく目にするが、売り手としても植物を消耗品ではなく大切に育ててくれる人に買われたほうが嬉しいものだ。

配達とお持ち帰りのブーケと、呉市にお届けのお供えのアレンジメント。Dscn1380 Dscn1384 Dscn1373

fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.07

ハンドメイド雑貨

新しくお店で扱わせてもらうハンドメイド雑貨を紹介。Dscn1368 Mikanさん(alle alle shop)の一点一点手作りの暖かい作品達です。手前の赤いウサギの刺繍がついてるものはデジカメ入れにちょうどいいサイズです。

こちらは東京在住の作家さんのクリスマスカードです。Dscn1370 型抜きされた白いヒイラギを貼り付けして、真ん中にカリグラフィーでJoyeux Noel(フランス語でメリークリスマス)と描かれています。お花のプレゼントに添えてみては。

fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広告撮影の仕事

週明けからほとんど外での仕事が続く。先日は2件の撮影の仕事が重なり久しぶりの徹夜作業。早朝スタイリストさんと一緒に宮島へ。プロデューサーとカメラマンさんと待ち合わせして、重要文化財の旧家で生け込み。入り口に鎮座する鎌倉時代の衝立の前で撮影。大手不動産会社の広報誌の表紙を飾る予定。生け込みを終えるとすぐにフェリーに乗り市内に戻り、今度は三越広島店の正月用パンフレットの撮影にスタジオ入り。竹を使った大掛かりなアレンジのセッティングをして、後から宮島から帰ってきたスタイリストさんと配置やアングルを決めつつ微調整。さらにカメラマン、クライアントと話し合いながら何度もポラを撮りなおし、終了したのは夜。そうとうハードな一日だったけど撮影の仕事はいろいろ学ぶことが多く、自分の感性を磨ける場だと考えると疲れはどこかにいってしまう。後は刷り上った結果を待つだけ。

お持ち帰りのブーケ。Bouquet68 fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.04

和の舞台

日曜日の夕方、市内のホテル32階で催される三味線の演奏会の舞台の両脇に置くアレンジメントを搬入。Dscn1358_1 Dscn1359_2 国旗と金屏風に赤バラ、レッドウィロー(枝)が映える。

出産祝のミニブーケ。Dscn1356 fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.02

なければ作る

テーブルサイズのちいさなモミの木の問い合わせがあって探してみたが、鉢物では形の整ったツリー型がないので輸入のモミの枝を使ってツリーのオブジェを作ってみた。店に並べているとほとんどのお客さんが鉢物と見間違うほどのできばえ。水を与える必要もないし、自宅でデコレーションできるようにあえてプレーンな状態にしているのでおすすめです。Dscn1352

還暦祝いのアレンジメント(オアシス不使用)。バラ(カンパネラ)、カラー,バンダ、パフィオ(ロビンフッド)、色味とフォルムの個性的な花を組み合わせても、柔らかな華やかさと上品さを損なわないように。Dscn1344

fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.01

焙煎珈琲の香り

12月がはじまり、しばらくお休みだったお隣の珈琲屋さん「green coffee」が営業再開。コーヒーマイスターのオーナーの焙煎するコーヒー豆に魅せられてから他のところではどうもあわなかったので嬉しい限り。仕事の合間にちょっと息抜きに寄ってみたり、お世話になってます。これからの季節、コーヒー無しでは仕事できません。

配達のお見舞い用アレンジメントとお誕生日のブーケ。Dscn1323 Bouquet66 fleurs tremolo

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »