トップページ | 2006年9月 »

2006.08.30

はじめまして。

はじめまして。広島市南区段原の骨董通りにあるフラワーショップfleurs tremolo(フルール トレモロ)です。Shop03_2

10年近く市内の老舗花店に勤めた後、妻と2人で作ったお店です。古くから骨董街として親しまれる閑静なこの街でいつかお店を開きたいと思っていた時、2人でお世話になっているapėrto HAIR(ヘア・アペルト)さんから「隣の店舗が空くよ。」と聞いて、すぐに不動産会社に電話して入居の申し込みをしました。それから2ヶ月の開店準備の間、ワークテーブルやディスプレイテーブル、カウンターなどを作ったり、中古の家具を買ってきて塗装し直したり、内装工事のひと達にいろいろ注文したりしながらなんとか5月の母の日までに開店することができました。天井から下がっているシャンデリアは旅行先のパリから強引に手荷物として抱えて持ち帰った思い出の品です。壁と天井はコントラストの弱い中間色のbatter bowl greenとsugar whiteで合わせて落ち着いた雰囲気にしました。 Dscn0380

お店の名前は音楽用語で震える音(震音)といって、感動で声が震えるという意味もあります。もともとギターを弾いていたのと、字面や響きが気に入っていたので店名にしました。自分達の束ねた花が、それを贈る人の大切な気持ちを伝えることができればと思います。Shop10_1

ゆとりのある店内でのんびりと季節の花やグリーンを選んでもらえます。お時間のある方は、お隣のクラシカルかつ洗練された珈琲屋さん「グリーンコーヒー(green coffee)」でお待ちいただくのもよいですよ。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年9月 »